子育てマネーアドバイザー

教育資金贈与制度の活用

祖父母の財布に余裕がありそうなら、サポートを頼んでみるのもひとつの方法です。

祖父母の財布に余裕がありそうなら、サポートを頼んでみるのもひとつの方法です。
2013年4月から、祖父母から孫などへの教育資金の贈与が1500万円まで非課税になる制度がスタートしました。
当初は、2015年12月末までの時限措置でしたが、昨年の改正で2019年3月末まで延長されました。
贈与されたお金の使い道は、教育資金に限られますが、1500万円のうち、
500万円までなら学習塾や習い事などにも使えます。
制度を利用するには、信託銀行や都市銀行などの金融機関で専用の教育資金口座を孫名義で開き、金融機関を通して「教育資金非課税申告書」を税務署に提出しなければなりません。
この手続きが済んだら、祖父母に贈与するお金を入金してもらいます。
口座のお金は、孫が未成年なら代理人である親が引き出すことができますが、引き出す際には、学校や塾などから領収書をもらって、教育費に利用したことを証明する必要があります。
教育を受けている限りは、孫が30歳になるまで利用できるため、大学はもちろん、予備校や大学院の学費などにもあてることができます。
ただし、孫が、30歳に達した時点で非課税の対象から外れるため、使い切れずに口座に残ったお金があると、贈与税が課されてしまいます。
いったん口座に入れたお金を祖父母に返すことは、認められていないので、使い切れる額に抑えておく必要があります。

このコラムの担当アドバイザー:山下 幸子

お金の不安をかかえたままでは機会損失になりかねません。お気軽にご相談ください。お悩みスキッリ解決しましょう!

子育て応援マネーアドバイザー

講師:山下 幸子さんのページはこちら

  • 全国子育てマネーアドバイザー検索

  • 教育費の出張相談に予約
  • 教育費のショップ相談に予約

個別相談会:おためしキャンペーン実施中!

マネーセミナー情報

もっと見る

小学館集英社プロダクションの
教育サービス

  • ドラキッズ
  • ドラゼミ
  • 小学館アカデミー
  • 小学館の英語教室 イーコラボ

PR

  • 保険ビュッフェ
  • ドラゼミ

登録をご希望の方