子育てマネーアドバイザー

積立預金か学資保険か

教育費を積み立てる方法

教育費を積み立てる方法としては、銀行の積立預金などを利用して「給与振込口座から自動的に引き落としていく方法」と「学資保険を利用する方法」とがあります。
積立預金の場合は利率が変動するので、将来金利が上昇すれば、その恩恵を受けることができます。
一方、学資保険は、契約者である親が死亡するとそれ以後の保険料の払い込みが免除されるなど、親の万一に備えられる点がメリットといえます。
最近は妊娠中から加入できる商品もあり、出産前でも父親が死亡するようなことがあれば、以後の保険料の払い込みが免除されます。
学資保険の中には子供が入院すると給付金が出たり、親が死亡すると育英資金が給付されたりといった、万一の場合の保障が手厚い商品があります。
こうした商品は、保障部分にコストがかかっているため、受け取る満期金の額が払い込む保険料の総額よりも少なくなるなど元本割れする場合があります。
教育費の準備という目的であれば、子供の入院保険がセットになった保障の厚い学資保険よりも、なるべく返戻率の高い貯蓄型の商品を選ぶのが理にかなっています。
また、学資保険は、赤ちゃんの時期に加入するのが鉄則です。
子供が成長するほど戻り率が低下し、小学生になれば加入できる商品もほとんどなくなるので、なるべく早く検討しましょう。

このコラムの担当アドバイザー:山下 幸子

お金の不安をかかえたままでは機会損失になりかねません。お気軽にご相談ください。お悩みスキッリ解決しましょう!

子育て応援マネーアドバイザー

講師:山下 幸子さんのページはこちら

  • 全国子育てマネーアドバイザー検索

  • 教育費の出張相談に予約
  • 教育費のショップ相談に予約

個別相談会:おためしキャンペーン実施中!

マネーセミナー情報

もっと見る

小学館集英社プロダクションの
教育サービス

  • ドラキッズ
  • ドラゼミ
  • 小学館アカデミー
  • 小学館の英語教室 イーコラボ

PR

  • 保険ビュッフェ
  • ドラゼミ

登録をご希望の方