子育てマネーアドバイザー

1500万円まで贈与税がかからない「教育資金の一括贈与制度」

一般に、年間110万円以内の贈与には贈与税がかかりません。

おじいちゃん、おばあちゃんが教育資金を援助してくれる場合、知っておきたいのが贈与税の制度です。
一般に、年間110万円以内の贈与には贈与税がかかりません。それを超えると、金額にあわせて一定の税率の贈与税がかかります。でも、「教育資金の一括贈与制度」といって、祖父母から30歳以下の孫に教育資金を贈与する場合に限り、1500万円までが非課税になります。

制度を使って贈与を受けるには、金融機関に孫名義の教育資金口座を作って入金してもらうのが条件。その口座から、孫自身か、孫が未成年のあいだは親が代理人になってお金を引き出します。たとえば、子どもが私立小学校に入学して入学金が30万円かかったとすると、親が小学校からの領収書を金融機関に提出して30万円を引き出します。教育費以外の目的で引きだしたり、30歳になったとき口座のお金が残っていた場合は、通常の贈与税がかかるので注意しましょう。

このコラムの担当アドバイザー:五十嵐 幹朗

『お金に関する常識』を疑う目を持ってもらいたいと思います。

子育て応援マネーアドバイザー

講師:五十嵐 幹朗さんのページはこちら

  • 全国子育てマネーアドバイザー検索

  • 教育費の出張相談に予約
  • 教育費のショップ相談に予約

マネーセミナー情報

もっと見る

小学館集英社プロダクションの
教育サービス

  • ドラキッズ
  • ドラゼミ
  • 小学館アカデミー
  • 小学館の英語教室 イーコラボ

PR

  • 保険ビュッフェ
  • ドラゼミ

登録をご希望の方