子育てマネーアドバイザー

メリット、デメリットを知って、上手に学資保険を活用しましょう

学資保険は、その名の通り、教育資金づくりを目的とした保険です。

教育資金に備える保険として、よく知られている「学資保険」。でも、その内容やメリット、デメリットについて聞かれると、意外に「わからない」と答える方が多いようです。上手に活用するために、あらためて学資保険についておさらいしておきましょう。

学資保険は、その名の通り、教育資金づくりを目的とした保険です。親が契約者になって保険料を払い、子どもが学齢になったとき、まとまった学資金が受けとれます。満期は、大学入学時の18歳、卒業時の22歳など。中学入学時や高校入学時に、お祝い金が出る保険もあります。

メリットは、預貯金よりも利回りが有利な保険がたくさんあること。また、預貯金は親が亡くなるとその時点でストップしますが、学資保険は、その後の保険料を支払わなくても、当初の予定通りの満期金が受けとれます。ほかに、強制力が強く貯めやすいこと、所得税の生命保険料控除が受けられることも保険ならではのメリットといえるでしょう。

デメリットは、銀行の積立定期と違い、中途解約すると元本割れのリスクがあることです。家計からムリなく支払える範囲で利用することが、上手な活用のポイントです。

このコラムの担当アドバイザー:五十嵐 幹朗

『お金に関する常識』を疑う目を持ってもらいたいと思います。

子育て応援マネーアドバイザー

講師:五十嵐 幹朗さんのページはこちら

  • 全国子育てマネーアドバイザー検索

  • 教育費の出張相談に予約
  • 教育費のショップ相談に予約

マネーセミナー情報

もっと見る

小学館集英社プロダクションの
教育サービス

  • ドラキッズ
  • ドラゼミ
  • 小学館アカデミー
  • 小学館の英語教室 イーコラボ

PR

  • 保険ビュッフェ
  • ドラゼミ

登録をご希望の方